symphomagi

徳島県にあるオーディオ専門店です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

部屋の音を整える韻(ひびき)

0

    8月24日

     

    防音効果の優れた部屋ほど吸音処理に

    苦労されてるはず。

    一般的な吸音材はフラットではありません。

    高域には効果的でも低音は吸収されずに

    残ってしまうのでこもりやすい。そこで、

    螢▲好の調音BOX韻(HIBIKI)を

    試してみた。カーボン系の素材が基礎に

    なっているそうで消臭効果も期待できる

    優れもの。

    テストでは12坪の広さに対して1箱(6本

    入り)の少量で、すっきりとしたSNの

    高い空間創成が確認できた。

    コスパの高いチューニングアイテムです。

    試聴用貸し出しも可能です。

     

      

     

    ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -

    おとぎ箱のベルト交換

    0

      8月19日

       

      コロンビアの音聴箱。

      この箱の中にはレコードプレー

      ヤー・ラジオ・CD・カセットが

      装備されている便利な箱。

      今の時代だと追加することUSB

      ジャックとBluetoothでしょうか。

      レコードのベルト交換でお預かり

      です。

       

       

       

      ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -

      エプソン TW8400

      0

        8月2日

         

        久しぶりにシアターの作業です。

        夏場の天井裏を這いながらのケ

        ーブル変更作業はサウナ状態。

        3時間ほどの作業にもかかわら

        ず本日の作業これで終了。

        写真を撮るのも忘れたので抜け

        殻と引き上げ品で。

        普段、全く運動をしてない初老

        の腹筋と手足には刺激的な一日

        でした。

         

         

        ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -

        レコードカートリッジの音質改善 DL103

        0

          7月28日

           

          昨年のオーディオショウで気

          になっていた針先の接着強化

          を螢▲好に依頼してみた。

          サンプルは定番のDL103。

          値段相応の音質だったが、

          最近の値上げで値ごろ感は薄

          くなってしまった。

          生産が続いているだけでも

          凄い事だけどね。

           

          今回、新品を2本準備しての

          比較試聴。その結果は、

          オーディオ的な音の違いは

          全ての項目において大幅に

          向上しており、音楽表現では

          細かなニュアンスもリアルに

          描き分け、表情が豊か。

          後でノーマル品で聴くと同じ

          ディスクとは思えないほど

          演奏が下手に聞こえてしまう。

           

          コスパでは10倍アップと

          言っても大げさではない素晴

          らしい音質改善技術だ。

           

          価格も良心的な設定なので

          アナログ派にお薦め。

           

          店内で比較試聴常時可能です。

           

           

           

           

          ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -

          音の良いハンダ

          0

            5月30日

             

            オカルトオーディオアクセサリ

            ーが溢れる中で小笠が抜け出せ

            ない商品がこれ。

            1リール500gが14諭吉。

            純銀の3倍ほどの金額なので

            まさに貴金属です。

            これを贅沢にもネットワークや

            ラインケーブルの製作に使って

            います。

            理由は音質と信頼性。

            この商品は音に精通した太田先

            生がたどり着いて商品化したも

            の。いい音には素材配分に黄

            金比が存在するそうだ。

            この素材を使いやすい形で具現

            化したものが柔らかい金属に練

            り込んだハンダ。

            一般的な物理では説明できませ

            んがケーブルに巻くだけでオー

            ディオの諸項目が向上した音を

            聴くことができます。すでに10

            年以上使い続けています。

            でも高価。

            オーディオ全盛の時代を牽引し

            た知識人が終活始める時代。

            いろいろな知識を引き継がなけ

            れば、無知で薄っぺらなオーデ

            ィオが本物とさし変わってしま

            いそうだ。

            ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -

            真空管アンプ 300B

            0

              5月24日

               

              MADE IN HIROSHIMAの

              HIRAOKA AMP300B。

              大手メーカーを退職され、個人

              で無印良品を製作する方がおら

              れます。

               

              この方のアンプは音の凄みを押

              し付けることなく音符の間や音

              楽の抑揚を描いてくれます。

              オーソドックスなレイアウトや

              ラフな内部配線処理など、今ど

              きの高剛性や対象レイアウトと

              は無縁。人の思い込みと電気の

              気持ちは違うみたいだ。

              聴けるものなら、電子の流れに

              居心地の良い回路って何って聞

              いてみたいもんだ。

               

              一台一台、要望に合わせてオー

              ダーできます。

              常時試聴も可能です。

               

               

               

               

              ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -

              ラックスマン ランプ交換

              0

                6月6日

                 

                最近、修理が多いです。

                今日の修理はラックスマンの

                507でランプ交換。

                気安く受けたものの難易度が

                高い。とにかく手間。

                もっと設計を考えてよって言

                いたくなる構造。でも、限ら

                れたスペースでメーター裏を

                むらなく照らすには仕方のな

                いのか。

                このぐらいで交換できると思

                ってばらしたが部品は見えず。

                前面の基板はバラバラ状態にし

                て、やっと部品に到達。

                何事も経験ですね。

                ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -

                高級オーディオ機器の修理

                0

                  4月27日

                  最近、コロナの影響で外より室

                  内に目が向くのか、修理が増え

                  ています。倉庫で眠っていたス

                  ピーカーやアナログプレーヤー

                  とか。

                  先月から預かりの高級コンバー

                  ターの修理にかかっています。

                  メーカーに修理を依頼するも

                  修理不可で行き場を無くして

                  当店に持ち込まれてきました。

                  症状は

                  小さな音ですがプチプチ

                  とノイズが乗る。

                   

                  基板を眺めて見ると調達可能な

                  部品で構成されていることが分

                  かり修理を受けることに。

                  古い物は修理をしないメーカーの

                  姿勢も理解はできるが、ハイエン

                  ドと称する、満足度にこたえる商

                  品でとる対応ではないだろう。

                  ご愛用の言葉を大切にしないと。

                  幸いにもコンデンサー1ケを交換

                  するだけで完了しました。

                   

                   

                   

                  ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -

                  アキュフェーズ E800

                  0

                    4月13日

                     

                    昨年暮れに発売になったアキュ

                    フェーズのプリメインタイプの

                    フラッグシップアンプを店内で

                    試聴。創立50周年モデルで

                    評判も上々。

                    各社、技術を謳いモデルチェン

                    ジのたび高額になってきたが気

                    になるのは音楽の表現力。

                    音楽を聴くための道具である以

                    上れは当然であるべきでオブジ

                    ェ化では先がない。

                    試聴は一聴して分かる上質な音。

                    SNの良い空間が展開し細かな

                    表情も描き分けて表情も豊か。

                    フラッグシップ機らしい音を

                    確認して一安心。で、

                    気になるのは顔。


                     

                    動作の確認においてメーター有無

                    は重要なのだがその精度はどこま

                    で必要なのだろうか。

                    各社いろいろで大型メーターをゆ

                    っくりと動かし雰囲気を演出して

                    いるモデルもあればデジタル表示

                    も多種。

                    アキュフェーズには俊敏な動きの

                    アナログメーターを継続してもら

                    いたいね。需要が無ければ部品も

                    技術の継承も消えてい行く時代。

                    割り切れない昭和人がここにもい

                    ます。

                     

                     

                     

                     

                    ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -

                    音楽之友社の付録

                    0

                      12月19日

                       

                      雑誌名 朗音!真空管アンプの愉悦

                       

                      特別付録がラックスマン製の真空管

                      ハイブリッドプリメインアンプのキ

                      ット。

                       

                      価格は雑誌としては驚きの高価格の

                      16,200円。アンプキットとしては

                      入門価格として安いかも。

                      内容はEKジャパンなどと違い基板は

                      完成された状態でシャーシの組み立て

                      のみの超簡単さ。

                       

                      上級者用に回路図や音質向上の部品交

                      換ポイントなどを説明したページが

                      面白い。

                      入門者のレベルも色々で、このキット

                      では半田こてを使わないばかりか、タ

                      ッピングネジの締め方が説明されてい

                      るのが驚きでもある。

                      小笠が中学の時は技術の授業でラジオ

                      の組み立てがあり半田こてを使ってま

                      したが今どきは火傷やケガが心配で教

                      えないのかな。

                      ものづくり日本は如何に。

                       

                      ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -