symphomagi

徳島県にあるオーディオ専門店です。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

音楽之友社の付録

0

    12月19日

     

    雑誌名 朗音!真空管アンプの愉悦

     

    特別付録がラックスマン製の真空管

    ハイブリッドプリメインアンプのキ

    ット。

     

    価格は雑誌としては驚きの高価格の

    16,200円。アンプキットとしては

    入門価格として安いかも。

    内容はEKジャパンなどと違い基板は

    完成された状態でシャーシの組み立て

    のみの超簡単さ。

     

    上級者用に回路図や音質向上の部品交

    換ポイントなどを説明したページが

    面白い。

    入門者のレベルも色々で、このキット

    では半田こてを使わないばかりか、タ

    ッピングネジの締め方が説明されてい

    るのが驚きでもある。

    小笠が中学の時は技術の授業でラジオ

    の組み立てがあり半田こてを使ってま

    したが今どきは火傷やケガが心配で教

    えないのかな。

    ものづくり日本は如何に。

     

    ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -

    オリジナルLCネットワーク

    0

      11月9日

       

      常連Kさん宅の大型3way用のネット

      ワークを製作しています。

       

      初回納入から20年を経過。また、

      スピーカーユニットや機材も徐々に

      チューニングが進みパッシブネット

      ワークの乗数が最適とは言えなくな

      っていました。

       

      事前にデジタルネットワークで最適

      値を探りパッシブで作成です。

       

      今回はウーハー用に線径3φの贅沢な

      ムンドルフ社製コイルを使用し、抵抗

      ロスを下げています。

      また、リードは4N純銀線を使用して

      みました。

      左が従来のネットワークで徐々に

      部品を変更しながら20年。

      右が今回の変更後。シンプルに

      整理されたレイアウトです。

       

      音の結果はクリア。戸惑うほど

      クリアで抜けのいい音に改善できま

      した。エージングが進み音が落ち着

      くのが楽しみです。

       

      ソフトに納められた主旋律は勿論で

      すが残響の消え際や暗騒音も高分解

      能で描くのでまさしく

      「その場をこの場に表現する」

      まさにHiFiの実現です。

       

      メーカー製品・自作品に問わず、

      音質向上をお考えの方はお気軽にお

      問い合わせください。

      訪問診断やセッティング、バランス

      調整などお任せください。

       

       

      ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -

      AT-SUT1000

      0

        11月28日

        テクニカの1000番シリーズ

        Audio-Technica EXCELLENCE

        ART1000弩級カートリッジに次ぐ第二段のEXCELLNCE商品。

        高品位MCカートリッジ専用トランスとケーブルのTC1000を

        常設し、いつでも試聴していただける環境を整えました。

        カートリッジもART1000を常時聴くことができますので興味の

        ある方はご一報ください。(よく出張で留守にしますので)

         

        店内のEQアンプがSoulnote E-1なので完全バランスを構築し

        たいところですがに、なんと、バランスケーブルのTC1000

        DXは早くも初回ロット完売。

        楽しみはしばらくお預けとなりました。

        でも、充分に良さを実感できますので順番に楽しみましょう。

         

        最近は利便性の高い商品がもてはやされ、音の本質を追求した

        技術・ノウハウが途絶えがちです。技術を継承しつつさらに

        研いで商品を作るA・テクニカさんの姿勢はさすがですね。

         

        アナログ全盛時、カートリッジではビクターのMC-1。トランス

        ではオルトフォンなど、技術やノウハウの濃い商品が、無理を

        すれば手の届く価格で次々生まれ、銘機になっています。

        今は状況が変わり、部品メーカーの主力はスマホやデジタル

        家電用のチップ部品が占め、桁違いに需要の少ないオーディオ

        グレード部品は原材料から作らないと生産できない状況です。

        高価になってしまうのは仕方ないですね。

         

         

        ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -

        ナカミチ630

        0

          11月26日

          シンフォマージコレクション

          ナカミチ630 1970年後半に販売されたFMチューナープリアンプ

          Nakamichiといえばカセットデッキだがこんな素晴らしい

          デザインのFMチューナーアンプも販売していました。

          ほとんどのメーカーデザインは筐体前面に直線定規のように

          横長のスケールを描いた設計。

          ダイヤルを回すとスケール上を針が動き、連動したバリコンが

          回りチューニングをとる動作をします。糸の張られたプーリー

          が回転する動作が見えるメカ構成です。

          Nakamichiがデザインするとまるでオシレーターのダイヤル

          みたいでシンプルでかっこいい。

          機械年齢40歳で現役。いい音でFM放送を聴かせてくれます。

           

          ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -

          純銀線

          0

            11月19日

            実験用に手配していた純銀線(リボン線)が入ってきました。

             

            これだけで700g。加工代と合わせて痛い出費です。

            電気的な理論では優秀な銀ですが特性の違う銅との整合が取れ

            るのか気になるところです。で、何を作るのかといえば、

            スピーカーケーブルとネットワークパーツ。

            うまく結果が出れば紹介させていただきます。

             

            ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -

            チャンネルディバイダー DF-65

            0

              10月27日

              アキュフェーズのチャンネルディバイダーDF-65が届いた。

              店内で早速試聴することに・・・

              せっかちなので説明書を見ずに先ずは触ってみる。

              えーーっ、音が出ない?

              直感で触っても音が出る様子はなさそうなので仕方なく取扱説

              明書を読むことに。

              読み返すこと数回、取説に書いている意味が見えてきてやっと

              試聴に進めた。

              カーオーディオでは同等の機能を20年前から使い込んでいるの

              で操作性で業界間の差を感じてしまう。

              カロッツェリアXのデジタルネットワークが如何に優れたプログ

              ラムだったのか痛感することになった。当時の技術担当者には

              感謝したい。カロッツェリアXがヒットしたのは音も頑張ってい

              たが調整する行為を楽しみに変えた事も大きいと思う。

              いけないことだが、リモコン片手にブラインドタッチで、走り

              ながら調整が可能なほど操作性に優れていた。

              長い経験から言えることは、簡単に使いこなせない機材では

              音を出すのが精いっぱい。活かしきる詳細調整には至らない。

              DF65ユーザーは果たして何%ぐらいの能力を生かせているのだ

              ろうか。マルチの成功者を増やすためにはユーザーに配慮し

              た使いやすさが不可欠だと感じた商品でした。

              もちろん、ご購入時には小笠のノウハウを出し切って調整しま

              すからご安心を。

               

              ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -

              オーディオ評論家といえば

              0

                10月14日

                先日、オーディオ評論家の菅野先生が亡くなられた。

                昭和からのオーディオの時代が一つ終わった感じだ。

                カーオーディオでお世話になった村井先生も若くして

                逝かれた。別の世界で思う存分音楽を楽しんでもらい

                たいですね。あちらの世界では名演奏が生だったりし

                て。お世話になりました。

                来年からは新しい年号もスタートするし、オーディオ

                も様変わりしそうだ。利便性を追求したデジタルは

                いつでも・どこでも・なんでもが簡単に実現する時代

                をもたらしそうだ。

                我々は感性工学というべきか五感に深く浸透するする

                オーディオを体感していただく提案を続けていきたい

                と思います。

                 

                ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -

                300B 真空管アンプ

                0

                  9月12日

                  EKジャパン

                  300Bシングル真空管アンプキット

                  TU-8600R 当店販売価格108,000円税込み

                  真空管は別売ですよ。。

                   

                  昨年発売され、早々に完売になったアンプ。

                  限定再発売です。

                  小笠は20年前からEKジャパンの歴代2A3と

                  300Bは組み立ててきました。

                  ビギナーでも失敗しない丁寧な説明書と

                  余裕度の有る設計。また、品質の高い基板や

                  c/pの高い部品など、小笠は信頼を置いている

                  メーカーです。そして、何よりも、音がいい。

                  抑え込まれたような行儀の良さやオーディオ臭も

                  無く、飾らない音で素の音が普通に聞こえるアンプ。

                   

                  工作キットのトップメーカーですが小笠はあえて、

                  貴重な音を作れるオーディオメーカーと紹介したいです。

                   

                  当店独自の音質向上パーツやサイドウッド

                  パネルなども販売いたします。

                  限定販売なのでこの機会にぜひご検討を。

                  ¥108,000税別 在庫あり

                  ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -

                  アキュフェーズA75試聴

                  0

                    8月13日

                    新作のパワーアンプA75の試聴機が回ってきました。

                    アキュフェーズは現在でも新作が出ると営業担当が

                    持ち回って商品説明と試聴を店内でさせてくれます。

                    オーディオフェア会場で聴くのとは違って、聞きなれた

                    環境で聴くことができるので特徴をつかみやすく

                    お客様にはより具体的な説明ができるので感謝です。

                    店内のスピーカーたちは普段と違う高額なアンプで

                    動かされるのでいつもと違った緊張感で鳴っています。


                     

                     

                    ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -

                    赤いげんこつ20PW55

                    0

                      5月24日

                       

                      以前から気になっていた松下電器のヴィンテージユニット。

                      半世紀ほど前のユニットです。出力音圧レベルが100db/Wm。現在では考えれないほどの高効率です。

                      100dB越えのユニットって、音がどの様な勢いで飛んでくるのか非常に興味がありポチって押してしまいました。

                      車のエンジンではないけどマグネットが赤いとヴィジュアル的にも鳴りそうに思えてきますね。

                      早速、手に取って鳴らしてみると??。期待とちょっと違う音。

                      製造から50年も経過しているので目覚めるのに時間がかかるかも。

                       

                      磁力の減衰は10年で5%とか言われているので25%ほど減衰している可能性がありますね。

                      再着磁をしてみないと本来の音は楽しめない感じですね。

                      ホームオーディオ | permalink | comments(0) | -