symphomagi

徳島県にあるオーディオ専門店です。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

励磁型スピーカー 3

0

    8月11日 

     

    今日から15日まで夏季休暇をいただきます。

    ってことで、自分のことが出来る時は目覚めが早い。

     

    先日、無理やり仮設した励磁型スピーカーのサウンド調整を涼しい早朝からはじめました。

    ついつい聴き込んでしまって調整にならない状況で4時間余り経過していました。

     

    先日まで搭載のスピーカー、ニルバーナは軽量な振動板と強力な磁気回路で95dB/Wmを出す高効率ユニット。極めて優秀なユニットですが初動感度はヴィンテージユニットにはかないません。その高感度な振動板があってこそ励磁型の良さが生きるのでしょうか、同じ励磁型でも現代の振動系では出せない良さがあり、ぞくっとする生っぽさがあります。

    夏季休暇中に安全な車に仕上げますので休み明けには聴いてみてください。

     

     

     

    日記 | permalink | comments(0) | -

    PLUG TV+

    0

      8月9日

       

      BMW 新型5シリーズ(G##)のTVキャンセラー処理。

      車両診断用OBD2ポートに挿すだけで走行中も助手席の方にTVが見えるようにする画期的な商品で人気のアイテムです。

      新型車両になり速度制限がされていましたがこのPLUG TVプラスは高速走行でも移すことが可能です。

      いつもの調子で診断ポートに挿すも、雰囲気が違うぞ。説明書を見るとインストール手順が変更に。

      思い込み作業にイエローカードです。 

      日記 | permalink | comments(0) | -

      励磁型スピーカー 2

      0

        8月9日

         

        遅れに遅れた青ちゃんの励磁型スピーカーですが本日、取付をしてみました。

        ユニットネジ穴サイズは奇跡的にニルバーナと同じ。奥行は当然ですが深く115澄15世離好據璽機爾鯆媛辰靴討劼箸泙妻垢韻訃態にセット。励磁電源は75Vで50mA×2です。純正グリルも透過率の高いメッシュに交換が必要です。

         

        出音は「早っ!」低音は低音感ではなく低音の音符です。サブウーハーを追加するまでは低域もカットしながらの実験ですが凄い予感がします。

         

        日記 | permalink | comments(0) | -

        トゥィーターでグレードアップ

        0

          8月8日

           

          日産 エクストレイユに用品とウエーブコーのトゥィーターの取付

          純正スピーカーはフロントドアの前方下部に16cmのみでトゥィーターは有りません。

          見た目には?ですが30世離錺ぅ疋譽鵐献肇ゥーターをダッシュ上に設置してドアのスピーカーと2Wayを構成します。

          ネットワークは車種に合わせて設定したパッシブ型でC/Pの高いシステムが構築できています。

           

          日記 | permalink | comments(0) | -

          ヴィンテージと先端

          0

            7月30日

            電磁石に引き寄せられたのか、久しぶりにかずきや屋さんが来店。

            励磁型の反応の良さは想定内だった感じですが小型のBluetooth スピーカーにはドボン。お買い上げいただきました。

            お遊び感覚にマッチした価格と音質で企画賞ってところでしょう。

             

            音に繊細さや艶は望めませんがJ・popの短調な低音域は倍音をうまく立てて、小さくても鳴ってる感を演出しています。

            ドアに16cmで終了の純正オーディオなどはこちらで満たされるのでは。

            日記 | permalink | comments(0) | -

            BMWにドライブレコーダー

            0

              7月29日

              BMW X3にドライブレコーダーの取付作業。

              装着率が上がってきていますね。

               

              この次に来る後付け用品って何だろう

              ピンと思いつかないのが怖い。

              やっぱりオーディオ一筋ってことか。

              日記 | permalink | comments(0) | -

              プリウスPHV

              0

                7月28日

                 

                プリウスPHVに用品の取付です。

                大きなディスプレイですが縦置き画面なので映像画面はそれほど大きくはなく上下での2画面表示。

                気を付けて映像を楽しみながら走ってください。

                 

                日記 | permalink | comments(0) | -

                軽トラにサブウーハー

                0

                  7月26日

                   

                  中断していた軽トラにウーハーの取付

                  お盆までに納車の取付作業が重なって作業に遅れが出ています。

                  グローブBOX位置にオーディオニルバーナ16cmを入れてEQで音をまとめています。

                   

                  日記 | permalink | comments(0) | -

                  カーオーディオに励磁型スピーカーを 。

                  0

                    7月21日

                     

                    今日も山盛りの作業をありがたくこなさせていただいております。忙しいですが先日から実験中の励磁型のユニットが気がかりで合間合間で遊んでいます。一般的な永久マグネットと違い励磁型は励磁電流を変えることで磁力を変えることができ、音の表情を変えることができます。この変化の振り幅を確認してデモカーでは68V〜80Vの可変電源で組むことに決定です。

                    写真はボイスコイルボビンを支えるダンパー部の写真です。

                    一般には蛇腹のコルゲーションダンパーですが、小音量でも動きやすくロスを少なくするために蝶ダンパーを使っています。このユニットが製作された時代はアンプ出力が数ワットの小型真空管でした。そのため、音量を稼ぐにはスピーカー側の感度を上げるしかなく高感度設計がされています。この高感度設計は単に出力音圧レベルを高くするだけでなく音楽再生で一番重要な初動感度を高めることができ、小レベルの細かな信号も音に変換できます。結果、音楽の表情が豊かに表現され、余韻も綺麗に表現するため空間表現も正確です。また、音量を絞っても痩せません。近年のスピーカーはこの逆を走っており無表情なユニットが増えてますね。残念で仕方ありません。

                    励磁型を車載するにあたって水による腐食とリーク、コイルの放熱やケーブル破損時の対策や金属粉防備を万全にする必要があり施工方法を考えるのが楽しみでもあります。

                     

                    日記 | permalink | comments(0) | -

                    軽トラックにサブウーハー

                    0

                      7月20日

                       

                      楽しく働く車がまた一台増えそうです。

                      軽トラックにサブウーハーの取付です。ダッシュ上の純正位置に10僖罐縫奪箸脇っていますがさすがに低音感は望めません。ロックを主に聴かれるとのことで切れの良い低音感を楽しめるオーディオニルバーナの16cmをSW用にグローブBOX位置に取り付けることにしました。

                      並行してミニクラブマンにDVDの取付を進めています

                       

                       

                       

                      日記 | permalink | comments(0) | -